« 幼稚園受験準備にかかる費用 | メイン | 幼稚園受験で見られていること »

幼稚園受験合格後に必要な費用

幼稚園受験に成功して合格し、入園が確定したら、またお金が必要です。
準備にも1年間に50から70万円程度必要となりますが、合格後にはまた費用が必要なのです。
どれくらいの費用が必要なのかというと、入園金がまず必要です。
入園金は一時金で、他にも初年度は、色々と教材費や様々な名目で費用を支払わなくてはいけません。
保育料の最初の1年分も含めて、1年目にかかる費用は初年度納入金という名前が付いています。
初年度納入金は、平均すると50万円前後ですが、首都圏の有名幼稚園の場合120万円前後支払うことになる幼稚園もあります。
また、二年目以降の1年間の平均保育料は30万円前後ですが、有名幼稚園になると70万円前後にもなります。

どこの幼稚園に入るのかによっても、ずいぶん受験に合格した後にかかってくる費用というのは違ってきますから、しっかりと確認をしておくようにしましょう。
全国的に見て、幼稚園受験を行っている幼稚園の費用はこれが平均ですが、全国で初年度納入金が一番高いといわれているのは渋谷にある幼稚園です。
ここでは、初年度納入金が1445000円となっています。
二年目以降の保育料が高いのは町田にある幼稚園で、74万円となっています。
この二つの幼稚園は特に幼稚園受験後にかかる費用が高いことで知られる幼稚園です。

受験するまでにも費用はかかりますが、合格してからもかなり費用がかかりますから、しっかり費用について把握しておく必要があります。

About

2011年01月28日 12:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「幼稚園受験準備にかかる費用」です。

次の投稿は「幼稚園受験で見られていること」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type